Press "Enter" to skip to content

アルバイトのマニュアルとは

マニュアルに従う

主体性が大切と言うと聞こえはいいですが、右も左も全てがわからない新人に、自分からを求めるのはハードルが高すぎです。だって、何がわからないかもわからないのに、分かれと言われてもって感じですから。まずは、マニュアル通りに、それが基本です。しかし、責任者や先輩からの指導で、マニュアルと違う方法を指示されることがあります。その時は、「マニュアルと違うけど大丈夫ですか?」と訊ねてみましょう。キチンとした理由、例えば「マニュアルが古くて、この方法が今の時代のやり方なんだよ」と言いた理由や「この方法の方が効率が良い」と言った理由ならば、素直に指導された方法を実践しましょう。「自分がやりやすいから」と、指導してる人が説明した場合は、マニュアルに従った方がいいでしょう。また、しっかりしたマニュアルがあるかは先に求人要項や募集要項等で確認しておく必要があります。

マニュアルはメモをとる

その指導した人がやりやすくても、あなたにとってやりやすい方法であるとは限らないからです。また、指導されたことはメモを取るようにするといいでしょう。覚えることに直接的につながりますし、なにより、教える立場からの視点だとやる気があるように見えるので好印象だからです。メモを取らないからと言って、評価が落ちたり、悪印象になることは少ないと思いますが、折角ですからいい印象を持ってもらいましょう。経験者を頼ろうマニュアルのお陰で、接客ができるように、もっと言うと仕事ができるようになってきたと仮定しましょう。所謂、研修期間が終わった状態です。さあ、ここで難関が来ます。そうです、マニュアルに無いできごとが起こってしまいます。


金津園の風俗ソープの一覧

マニュアルは基礎である

例えば、機材の故障。例えば、お客さんのクレーム。例えば、メニュー等に書いてない大盛りの注文。さあ、どうしましょう。答えは、どうにもできません。なので、どうにかできる人に助けを求めましょう。つまり、先輩や上司、経験者を頼るのです。自分がこういったマニュアルに載っていないことに対応できるようになるには、経験が必要になります。経験とはつまり、それだけ長い時間が必要になるということです。自分にできないことは、何をどう頑張ってもできません。なので、できる方に任せましょう。こういったマニュアルに無い物事への対応を、マニュアル化しないの?と思う方も居られるかもしれません。できません。マニュアルは基本であり、基礎なんです。

マニュアルの意味とは

例えば機材の故障。機材の種類やどのような機器かにもよりますが、この言葉を思い出してみましょう。「電化製品の寿命は10年」。つまり、10年は機材の故障は無い、とは言い切れませんが、少なくとも年単位では、故障の可能性は低いという事です。日常的に起こり得る事ならば、対応法を基本として、抑えておく必要がありますが、基本的に起こりえないことは、抑えておく必要が無いという事です。だって、そういうことを全部、マニュアルに載せてみたとしましょう。マニュアルが膨大になってしまいます。更に、人間には得手不得手があり、できること、できないことがあります。できない事が、マニュアルに載ってしまっていたら、それだけで研修が終わらなくなってしまいます。それだとマニュアルの意味が無くなってしまいますね。