Press "Enter" to skip to content

アルバイトの接客とは

接客とはあまり悩まない

その状態で、出会ってしまったら「あーあ、今日来たか」と諦めましょう。そして、対処方法はありません。こちらは謝るしかありません。アルバイトなら、店長や社員とうった人々に任せましょう。店長や社員は、同じ店で働くメンバーを守る責任と義務がありますから、助けてくれるはずです。店長や社員の方は、そういった厄介なお客様への対策法が本社で会議されたりしていて、対策法が考案されたりしていると思いますので、そこに従いましょう。私の働いていたお店では、社員用の対策マニュアルがありました。もう一度言いますが。厄介なお客様はたった2割です。毎日会うとしたら、かなり稀です。そのお店のお客様が多いとあり得るかもしれません。

接客とは全力ではない

私の経験上だと多くて2週間から3週間に2,3回あるかないかでした。ですので、あまり悩まないようにしましょう。だって、基本通り、マニュアル通りの接客を行っていれば、8割のお客様は大丈夫なのですから。50から80%のパフォーマンス真面目な人は、常に100%のパフォーマンスを実践しようとしてしまいます。実際、私も毎日全力で取り組もうとしていました。私自身、あまり要領はよくないので、それを補うためには常に全力で行くしかないと思っていたのです。しかし、この考えは大きな問題を抱えています。常に100%は不可能なのです。調子のいい日があれば、悪い日もあります。連金が続いて、疲労がたまっている日もありまからね。

接客とは日頃から程々に

そんな状態で100%発揮できるでしょうか。答えは否です。しかも、毎日全力で取り組んでいくと、それが「普通」だと思われてしまうので、もっと上を求められてしまったり、調子の悪い日は悪印象を持たれてしまったり(実際私は、連動の最終日にサボっているのか、と言われた経験さえあります)と、良いことがあまりありません。毎日全力で頑張っているのに、良いことがあまりないなんて、悲しいですよね。では、どうすればいいのでしょうか。その答えは、50%から80%の実力意識することです。常日頃は程々のパフォーマンスを実践することで、忙しくなった時のみ100%の実力を瞬間的に発揮したり、調子が悪い日でも、動きの悪さが目立ちにくくなったりします。

接客とは毎日を60%から70%で連動

何より、100%の実力を発揮した時に、頑張ったという好印象を抱いてもらえ安くなります。折角、全力で取り組むんですから、評価された方が嬉しいですよね。また、日頃から程々に取り組むことで、疲れにくくなり、連動での疲労も現れにくくなります。例えば5連勤したとして、常に全力で取り組んだとしましょう。すると、どうしても疲労でパフォーマンスが落ちてしまうので、1日目は100%でも2日目には90%、3日目には85%、4日目には60%、連勤最終日には50%以下のパフォーマンスしか発揮できなくなります。自分は全力なのに、1日目と連動最終日を比べると座が大きすぎます。それだったら、毎日を60%から70%で連動した方が、差があまりないです。